キリスト教式の葬式マナー

日本人は仏教であることが多いことからあまり見かけませんが、中にはキリスト教式の葬式をあげる人もいます。宗教が違うのでもちろんマナーも変わります。なかなか体験することが少ないキリスト教式ですが、いざ参列する際に困らないよう最低限のマナーは理解しておく必要があります。
キリスト教式には聖歌や賛美歌を歌ったり、聖書の一部を読むという場面があります。特に初めての人にとっては訳が分からず焦ってしまうものですが、事前に歌や祈りの文章が印刷された紙が配られるので周りに合わせて口を動かすよう努力しましょう。
また仏教と大きく違うのはお悔みを言葉にしないということです。受付の段階で「お悔み申し上げます」と言う言葉をよく耳にしますが、キリスト教式では「お知らせいただきありがとうございます」などまず知らせてくれたことにお礼を言い、また「安らかに眠られることをお祈りいたします」と故人の安らかな眠りを願う言葉を伝えるようにします。