葬儀業者は医療機関に頼らず、事前に自分で確保

葬儀は、長男や長女の場合には経験する回数は比較的多くなる傾向がありますが、精々一生に数度とそれほど多く無いのが一般的で、経験すら無い人の方がほとんどです。又、故人が長期の治療にも関わらず亡くなる場合には不謹慎と感じる方もいますが、事前に葬儀に関する予備知識や相場など知識武装しておく賢明な遺族もいますが、事故などで急に命を落とす場合には心の準備すら出来ていないので、医療機関や警察に紹介された葬儀業者にいい様にカモられてしまいます。又、医療機関から紹介される業者は、医療機関に対してバックマージンを支払っているケースがほとんどなので、バックマージンを上乗せした割高な費用を請求されてしまいます。又、故人最後のという常套句に踊らされ、必要以上に高ランクの祭壇や棺、振る舞い善などを選択し葬儀後に非常に高額な請求書に驚きます。特にタチの悪い業者は、葬儀の最中にも追加の費用を計上するので注意する必要があります。