どんな葬式があるのか。

故人を送り出す儀式が葬式です。昔は自宅で行うことがほとんどでした。しかし、このやり方は、親族はもちろんのこと、近所の人までお手伝いをしていました。死は突然やってくるものであり、皆さん仕事を急に休んでいたのです。そんな体制が見直されて、現在は葬式を行ってくれる業者が存在します。これにより、負担がだいぶ軽くなりました。葬式も近親者のみで行う密葬や、家族や友人などの生前親しかった人のみで行う家族葬があります。もちろん一般会葬者を含めた一般葬もあります。一般葬は故人の交友関係や親族の関係により、どれだけの人が会葬してくださるのか見当がつきません。一般的に会社の社長や学校の校長など、地位の高い方が亡くなられた場合には、一般会葬者はかなりの数になります。準備することも多くなるでしょう。どんな葬式にするかは自由ですが、残された親族も突然のことに慌てますので、ある程度生前に自分の意思を伝えておくとスムーズでしょう。